ネットで簡単!おせち料理探し

平安時代までは、おせち料理は、四季毎の農産物を神に供えて、感謝をするということが目的だったようです。

おせち料理の起源

米作り農業が始まった頃、紀元前2~3世紀の弥生文化の時代がおせち料理の起源だといわれています。

今では、新しい年を迎える為に、またはよい年になるようにと願う為に、私達はおせち料理をお正月に食べますが、この頃は、単調になりがちな生活に節目をつける為に、 各四季ごとに収穫される農産物を神に供え、感謝をするというのが目的で、節供料理と呼ばれていました。

平安時代に入ってから、おせち料理は、宮中での祈願行事である「節会」にもちいられるようになり、代表的な祈願は不老長寿や邪気払いなどで、現在のおせち料理の持つ意味により近いものとなりました。

この「節会」は、節日である正月七日、三月三日、五月五日、七月七日、そして九月九日に開かれ、五節句と呼ばれ祈願とともに、神に祝膳を供えていました。

江戸時代に入ってから、民間の行事として庶民の間にも広まり、神に祝膳を供える行事というよりは、季節の催しとなりました。

また、最も代表的な節である新しい年を迎えるお正月の宴料理だけが「おせち料理」と呼ばれるようになりました。

この頃から、年の初めの豊作祈願や、お正月の3日間、主婦を食事の支度から解放するという心遣いも見られるようになり、食材には保存が利くものが中心に重箱に詰められました。

そして次第に、おせち料理には、めでたい一年になりますようにという願いが込められるようになり、その結果、保存が利くだけではなく、言葉の語呂合わせで縁起がよいとされる食材が選ばれて重箱に詰めらるようになり、現在に至ります。

話題のおせち料理サイトなら、もっと詳しく知ることができます。